お米〜お米についての諸々〜 トップ
歴史
米作(稲作)は、原産地の中国・インド・ミャンマーが接している山岳地帯の周辺での陸稲栽培から始まり、まず中国南部、東南アジアへと広まったとされています。
その後中国中・北部、南アジアに、そして日本へと伝わりました。

いなほ2


稲作の起源
稲作の起源は植物相の豊富な中国雲南省ではないかといわれてきましたが、最近の考古学的調査により雲南省の稲作遺跡は4,400年前以上に遡れないことが明らかになりました。
ところが、中流域右岸にある江西省や湖南省で1万年以上前に遡る稲籾が続々と発見されており、古いものは1万2000年前に遡ります。

このページの先頭へもどる


日本での稲作
稲作は日本においては、縄文時代中期から行われ始めました。
これはプラント・オパールや、炭化した籾や米、土器に残る痕跡などからわかります。
縄文時代中期に、中国から台湾、琉球を経て九州南部に伝わり、その後九州北部、中国・四国へと伝わったという説があります。
大々的に水稲栽培が行われ始めたのは、縄文時代晩期から弥生時代早期にかけてで、各地に水田の遺構が存在します。

米は、日本においては非常に特殊な意味を持ち、長らく税(租・あるいは年貢)として、またある地域の領主や、あるいは単に家の勢力を示す指標としても使われてきました。
これは同じ米を主食とする国でも、日本以外ではほとんど例がありません。

第二次世界大戦の物資不足の時代には、政府より白米禁止令がだされ、玄米を食べることが義務付けられました。
ビタミンB1などの栄養価は上がりますが、食味が劣るとして、家庭内で一升瓶に玄米を入れて棒で搗き、精白することも行われました。

1966年には日本の米自給率は100%に達し、1970年代には米余り現象がおき、減反政策が取られました。
1993年には全国的な米の不作となり、翌年にかけて「平成の米騒動」が起こったため、タイなどから緊急輸入が行われました。
インディカ種を食べ慣れていない人には不評でしたが、この時以来、せんべい等の加工用の米の輸入が一般化しました。

現在、国内の流通販売はほぼ完全に自由化されています。

このページの先頭へもどる

Copyright 2008 お米 All rights reserved.
無料のレンタルサーバー sutpin.com