お米〜お米についての諸々〜 トップ
価格
米の値段は近代以前の日本においては物価の基準であり、近代以後も日本国民の主食の値段である米価は「物価の王様」と称され、歴代政府の経済政策に重要な影響を与えました。

田園


古代中世の米価
平安時代以前は物々交換が主流だったので影響力はさほど、また不作や貨幣の質の低下に伴う米価の高騰と公定価格制定や官米放出による低下の繰り返しでした。

鎌倉時代以後は「一石=一貫文」の米価が慣例として定着するようになりましたが、実際には統一的な貨幣制度も度量衡器も存在せず、地域的条件の違いも重なって正確な米価比較は困難でした。

このページの先頭へもどる


江戸時代の米価
江戸時代では統一的な貨幣制度が未成立であったことから、石高制が採用されました。
年貢は米によって徴収され、また支配階層である武士の俸禄は地方知行・蔵米知行など米を基準とした体系を取りました。
このため、米価は江戸幕府や諸藩の財政に直結したばかりでなく、支配階層である武士の生活基盤そのものを左右し、また、直接生産者である農民の収入は勿論のこと、職人や商人のも米を主食としている以上は米価の影響を受けると考えられ、米以外の物資の価格はその時々の米価に連動すると考えられていました。

このページの先頭へもどる


戦後の米価
太平洋戦争末期から闇市おける米の流通が深刻な問題となり、それが当時の実勢米価となっていました。
政府は米の強制的供出の強化を推し進めましたが、その価格の安さが農家の不満を高める事となり、政府は「パリティ方式」を導入しました。
その後、米の大豊作や商工業の発展によって米価に割安感が生まれたので、1960年からは生産者米価の引き上げが行われました。
しかし、消費者の米価上昇に対する不満、米余りと減反政策の開始によって生産者米価は抑制気味になりました。
これに対して、政治介入が行われ、政治的理由に基づく生産者米価(政治米価)が決定されるようになりました。
しかし、1969年の自主流通米制度、1972年の小売価格の自由化、1993年の平成の米騒動・米の輸入自由化、1994年の食糧法導入によって米価決定に市場経済の論理が大きく関わるようになりました。

このページの先頭へもどる

Copyright 2008 お米 All rights reserved.
無料のレンタルサーバー sutpin.com