お米〜お米についての諸々〜 トップ
料理の仕方
お米の美味しい炊き方、お米を使った料理をご紹介します。

田園風景


炊飯器を使って炊く
■手順1
おこめにたっぷりの水を入れ、底のほうから静かに2〜3回かき混ぜ、すぐに水を捨てます。
ここでは研ぐ必要はありません!糠のにおいがおこめにつかないように手早くやるのがコツです。
水は必ず冷水を使用しましょう!温水ではおこめの成分が溶け出し味が落ちます。

■手順2
手のひらの付け根の部分で、おこめを軽く押すようにして数回研ぎます。
水を注いで濁った水を捨て、これを2〜3回繰り返します。
濁っているからといって必要以上におこめを研ぐ必要はありません。
研ぎ過ぎは味が落ちるだけで何のメリットもありません。

■手順3
水が半透明になったら、おこめをざるにあげ10分ほどおいて水気をきります。
おこめを研ぐときにボールと同じサイズのざるを使用して、二つを重ねておこめを研ぐと手順1〜3がすばやく行なえて便利です。

■手順4
水気をきったおこめを炊飯器に入れ、表示に従って水を加えます。
おこめに十分に水を吸わせた後(夏は約30分、冬は1時間程度が目安)、炊飯器のスイッチを入れます。

■手順5
炊き上がったごはんはそのままにせずに、しゃもじをかるく水でぬらして、ごはんの上下を入れ替えるようにして混ぜます。
余分な水分がとんで、ふっくらおいしく仕上がります。
炊きあがったご飯は炊飯器の中では時間とともに不味くなっていくだけです。
炊飯器でのごはんの長時間保存はやめましょう。

このページの先頭へもどる


お鍋を使って炊く
●手順1
おこめを研ぎ、水をきってから土鍋に入れる。
おこめの1.2倍の水を加え、30分〜1時間程度そのままにしておこめに水を吸わせる。
どんな土鍋でもかまいませんが、厚手で深く、ふたが重たい土鍋のほうがより美味しく炊くことができます。
最近では炊飯専用の土鍋も販売されています。

●手順2
土鍋にふたをして中火にかけ、沸騰したら1分程度そのままの火力で炊きます。
沸騰しているときふきこぼれそうになることがありますが、ここでふたを開けると美味しく炊き上がりません。
その後、火力を弱火にして10〜15分間加熱して火を止め、10分程度蒸らせば炊き上がりです。
好みに応じて弱火の時間を調整すればやわらかいご飯やおこげを作ることができます。

●手順3
炊き上がったら土鍋のふたを取り、上下を返すようにごはんをまぜほぐします。
お鍋のふたはかなり熱くなっているので注意して下さい。
炊き上がったあとは、土鍋にふきんをかぶせその上からふたをすると余分な水分をふきんがとってくれるので、ご飯がふっくらとなります。

このページの先頭へもどる


お米の保存法
お米は1ヶ月で使いきれるぐらいの量を購入するのがベターです。
温度が高いと劣化が進むのが早くなるので、夏は少し早めに使い切ります。
劣化を防ぐためにはペットボトルまたはタッパに入れて蓋をし、冷蔵庫に入れておきます。
蓋をするのは乾燥を防ぐためです。乾燥すると米にひびが入り、炊いたときにべたついた感じになります。

かまど


このページの先頭へもどる

米を素材にした日本の伝統食
お米を使った料理は寿司、雑炊、おこわ、粥、茶漬け、握り飯、そばめし・・・等々たくさんありますが、ここでは全国各地で米を素材として、粉にしたり、煮たり、炊いたり、焼いたり、とさまざまに手を加えられた伝統食をご紹介します。

★宮城県あかつきがゆ
神むかえ神おくりの行事食として、また、米や柿・栗などの豊作を祈って、1月15日の小正月に食べる習わしがあります。

★埼玉県草もち
つき上がったおもちに、よもぎの若葉を茹でて細かくきざんで入れて、まるめたもので、きなこやあんこをつけて食べます。

★千葉県太巻き寿司
太巻き祭り寿司とも言われ、お祭りなどのときに食べられています。ちょうちょやチューリップ、バラの花などの工夫をこらした模様があざやかで食をそそります。

★岡山県ぼたもち
もち米にうるち米を少し混ぜて炊き、半分つぶして丸めたものに、あんをまぶします。行事食としてお彼岸に食べる習慣があります。

このページの先頭へもどる


デザートとしてのお米
米を牛乳で煮込んだプディングは、東は南アジアから西は西ヨーロッパまで広く見られるデザートです。
ドイツではミルヒライスといい、英語圏ではライスプディング、スペイン語圏ではアロス・コン・レチェまたはアロス・デ・クレマと呼ばれています。

東南アジアでは、米をマンゴー、ささげ、緑豆、里芋、スイートコーンなどと煮込んだ粥状のデザートがあり、ココナッツミルクをかけて食べます。

日本には餅米を蒸して搗いた餅菓子、白玉団子、粽、ぼたもちなどがあり、中国や朝鮮半島には、芝麻球やシルトックなど上新粉や白玉粉から作る餅菓子があります。

このページの先頭へもどる


Copyright 2008 お米 All rights reserved.
無料のレンタルサーバー sutpin.com