大豆のすべて トップ
概要歴史種類地域性価格料理の仕方生産国栄養と健康栽培方法未来その他私たちトップへ
トップ2
歴史
説が各種あり定かではありませんが、原産地は中国東北部からシベリアとの説が有力で、日本にも自生しているツルマメが原種と考えられています。

日本への伝播
約2000年前の弥生時代に原産地である中国から朝鮮半島を通じて入ってきたと考えられています。
奈良時代に中国との交流が盛んになってから、仏教とともに味噌や醤油など大豆の加工品や加工方法も伝わってきました。
奈良時代に書かれた日本最古の歴史書「古事記」にも「豆」という字が記されています。

当時、大豆は特別な食物だったようで、一般には普及していませんでした。
江戸時代になってもなお「贅沢品」 とされていました。


このページの先頭へもどる


日本での広まり
日本で広く栽培が始まったのは鎌倉時代以降のようです。
その頃には仏教が広く普及しており、その影響で肉食が禁止されていたため、身体に必要なたんぱく源を味噌や納豆から得ていました。
また、戦(いくさ)に出かける侍や農民たちの栄養食・保存食としても大豆製品が欠かせませんでした。

このページの先頭へもどる



日本の伝統
日本では昔から、米・麦・粟(あわ)・稗(ひえ)・豆(大豆)を「五穀」と呼び、これらの作物をとても大切にしていました。
現在でも収穫期の秋には「五穀豊穣」を祈る行事が全国で行われています。

お正月にかかせない「おせち料理」にはいっている黒豆。
色は違いますが大豆の仲間である黒大豆です。
「今年もまめ(豆)に暮せますように」という願いがこめられています。

春の訪れが感じられる時節、2月3日は旧暦でいうところの大晦日にあたります。
豆まきの起源はいくつも あるとされていますが、1年の厄をはらって新しい年を迎え入れるための儀式として、邪悪なもの(鬼)を 外に追い出すために豆を投げつけるようになったようです。
「豆」をまく理由ですが、「魔目(まめ)」を攻撃すれば「魔滅(まめ)」するという、昔の人の洒落たいわれがもとになっているとの説もあります。
また、節分に太巻きを食べる方向などとして知られている「恵方(その年の干支によって変わる最良の方 角)」に向かって豆をまくと良いなどとも言われています。

旧暦の9月13日のお月さまのことを「豆名月(まめめいげつ)」、あるいは「栗名月(くりめいげつ)」と呼んでいます。農作物の収穫に関連する行事として伝えられてきました。
昔の人はおいしい作物を提供してくれる自然への感謝の意を込めて、名月に例えていたのでしょう。

このページの先頭へもどる

Copyright 2008 大豆 All rights reserved.
無料のレンタルサーバー sutpin.com