大豆のすべて トップ
概要歴史種類地域性価格料理の仕方生産国栄養と健康栽培方法未来その他私たちトップへ
トップ2
地域性
平成17年では、日本国内の大豆消費量は年間約434万トン。
このうち国産大豆は約23万トンですから、ほとんどの大豆を輸入していることになります。
434万トンのうち約308万トンはサラダ油など精油用の原料に使われました。
残りの約125万トンが豆腐、味噌、醤油などの食品用に使用されました。
平成17年ベースの自給率は、精油用・食品用を合わせた全体で5%、食品用に限った場合は21%です。


国内主要産地と生産量
■2006年産の大豆収穫量
北海道/70,100トン
秋田/13,400トン
宮城/12,900トン
新潟/9,570トン
栃木/9,360トン
全国生産229,200トン


■2006年産の大豆作付面積
北海道/28,100ヘクタール
宮城/9,800ヘクタール
福岡/8,110ヘクタール
秋田/7,910ヘクタール
佐賀/7,490ヘクタール
全国作付面積142,100ペクタール


このページの先頭へもどる


大豆の輸入先
豆腐、味噌、醤油、納豆などの原料として私たちの食生活に欠かせない大豆ですが、国産大豆だけでは足りないので、ほとんどを輸入に頼っています。

■2005年度の主要な輸入先相手
アメリカ/3,126千トン/74.8%
ブラジル/562千トン/13.4%
カナダ/305千トン/7.3%
中国/184千/4.4%
オーストラリア 3千トン0.1%
総合計4,180千トン


このページの先頭へもどる


国産大豆の種類
北海道とよまさり、スズマル、いわいくろ
東北スズユタカ、リュウホウ
関東タチナガハ
北陸エンレイ
東北フクユタカ
近畿オオツル、タマホマレ
中国・四国タマホマレ、サチユタカ
九州フクユタカ



このページの先頭へもどる



作付面積の多い品種
16年産における作付面積の多いベスト5は、フクユタカ、エンレイ、タチナガハ、リュウホウ、スズユタカでした。
この5品種だけで全大豆作付面積の 54.5%を占めています。
これらの品種はいずれも主に豆腐・煮豆用です。
納豆用で作付面積が多いのはスズマル(北海道)と納豆小粒(関東)です。

地域別のトップ品種は、下記の通りです。
北海道:トヨムスメ
東北:リュウホウ
関東:タチナガハ
北陸:エンレイ
東海:フクユタカ
近畿:オオツル
中国四国:サチユタカ
九州:フクユタカ

このページの先頭へもどる



転作大豆の占める割合
15年産の大豆の作付面積15万2千haのうち、田作大豆が12万9千ha。
うち、転作カウントされているものが10万8千haです。
よって85%は転作大豆になります。

このページの先頭へもどる

Copyright 2008 大豆 All rights reserved.
無料のレンタルサーバー sutpin.com