非営利団体APIO

現在地TOPページ >> 諸外国との比較

諸外国との比較

では先進国はみなこのようなものなのでしょうか? 実際にグラフを見て下さい。

国名 / 西暦 1965 1970 1975 1980 1985 1990 1995 2000 2002
オーストラリア 199 206 230 212 242 233 261 280 230
カナダ 152 109 143 156 176 187 163 161 120
フランス 109 104 117 131 135 142 131 132 130
ドイツ 66 68 73 76 85 93 88 96 91
イタリア 88 79 83 80 77 72 77 73 71
オランダ 69 65 72 72 73 78 72 70 67
スペイン 96 93 98 102 95 96 73 96 90
スウェーデン 90 81 99 94 98 113 79 89 87
スイス 48 46 53 55 60 62 59 61 54
英国 45 46 48 65 72 75 76 74 74
アメリカ 117 112 146 151 142 129 129 125 119
日本 73 60 54 53 53 48 43 40 40

こちらの表は農林水産省が試算したものです。 日本国が調査にいったわけではありませんので、そのまま鵜呑みにする事は出来ませんが、 参考にはなると思います。

注目すべきは第二次世界大戦で日本と同じく国がバラバラになるほどの打撃を受けたドイツ、 そして多数の国を支配し搾取していた島国英国です。 ドイツは戦後着々と力をつけ数字が上がっていくのが良く分かると思います。 また、英国にしても各国から批判を浴び徐々に属国を手放すと同時に自給率を上げています。

その逆に日本はお金を優先するあまり大事な食料という人質を他国に取られてしまいました。 日本には国土がないという言い訳は出来ません。 あの太陽に恵まれない英国でさえ、いざ何かあった時の為にと、このような事を準備しているのです。

この数字を見て日本は豊かな国だと言えるでしょうか? 外交の際に他国に対して発言力を持つ事が出来るでしょうか?

日本は紙切れを信じすぎるあまり、牢屋の中の囚人のように、差し入れ口から食料が運び込まれているのを待っている状態です。 国力とは自分の力で生きる事が出来る力ではないでしょうか?

戻る << | >>次へ

非営利団体APIO

無料のレンタルサーバー sutpin.com